転職癖という言葉をよく聞きますが、そもそもそんな癖ってあるの?

転職をする際の面接では転職の回数は気にされてしまうもののひとつです。いくら。スキルアップを求めて転職をしていても、長続きしない人と思われてしまうのです。しっかりそこを説明できるように準備をしていないといけません。逆に、企業の人事採用の人はやっぱり気にしてしまうところです。その人とは面接の時と履歴書でしかその人を見ることが出来ないのですからどうしても見てしまうところです。

そういうときは転職の回数ではなくて、就職していた期間や転職の理由をしっかり聞いて行くことが必要です。回数はどうしても気になってしまいますが、実際力があっても職場に馴染めなかったりスキルアップを求めていたり考え方の相違など様々な理由があります。しっかり見極める為の採用試験を実施する必要があります。

最近は、転職を繰り返してしまうひとがたくさんいます。それは、企業側の体質にも問題ありで仕事を長続きしたいけどさせることが出来ない状況になってしまっていることも増えています。その中にはやる気があり、企業の為にとても努力をする人がたくさんいるのです。そういう人を履歴だけで判断せずに採用できると企業の即戦力になってくれるでしょう。

就職活動をする人は、転職を繰り返していることに引け目を感じず就職活動をしっかりすること。残業代請求弁護士にお世話にならなければならなくなるようなブラック企業も増えてきているので、そういう会社を自分で見極める力と情報収集力を身に付けること、長く働ける会社を見つけてまずは仕事を続けることを目標にして仕事をする楽しさを感じられる企業を見つけましょう。

仕事をすることはとても大切なことです。生活をしていく為に必要なことですし大切なことです。長く同じ職場にいることはとても大切なことですが、時と場合によっては転職をすることが必要なこともあります。

悪いイメージを持たずに、タイミングをしっかり見極めてすることが大切です。

自分と同じくらいの年齢・勤務経験の人が、何回くらいの転職をしているのかを知っておくことは、自分が活動していく上で非常に有益です。平均の回数を把握するわけです。20代から30代の会社員を見てみると、平均としては3回から5回くらいです。したがって、特に注意が必要なのは6回以上になってしまった場合です。

なぜ短期間で会社を退職したのかを明確に説明する必要があります。面接担当者に納得してもらえる理由を説明できなければ、採用される可能性は極めて低くなります。

企業の側としても、すぐに辞めてしまう人を採用したくないのです。
採用する以上は、ずっと働き続けてもらいたいと考えているため、転職の回数を厳しく考慮しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です