転職する際に必要な準備をチェックリスト化する

転職は人生において大きな転機となります。
できることであれば、雇用保険の給付が切れる前に第二新卒 転職 成功のためにも転職先を見つけなければなりません。

しかし、慌てて転職面接に臨んだり採用試験に応募したのでは上手くいくものも失敗に終わってしまいます。そこで転職の準備として必要となるものをチェックリスト化して、一つずつ解決していく必要があります。

まず実務的な部分ですが、退職をする会社に返納するものと用意してもらうものがあり、辞めた会社へ再び出向くのは精神的にも厳しいのでチェックリストを作って漏れがないようにします。まず返納するものは社員証や名刺そして健康保険被保険者証などです。

そのほか、会社の経費で購入した文具や機密書類などを返さなければ後々トラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。会社からは離職票と源泉徴収票そして就職する際に預けた年金手帳と雇用保険被保険者証です。これらは転職先の会社に提出することになりますので忘れてはならないのです。

次に経済的な面ですが転職の準備を始める前に、新たな就職先が見つからなくてもどの程度生活していけるかは確認しておかなければなりません。慌てるとこれまでよりも待遇の悪い会社に入社せざるを得なくなるからです。また入社の際にお世話になった大学のOBや会社の先輩への挨拶も欠かしてはなりません。

そしてアパレルプレス 求人や営業求人など、職種にあった求人で探したり、転職サイトなどに登録をして、ある程度目星をつけておくことも大切です。次に入社する会社では健康診断書の提出を求められう場合もありますので、時間ができる良い機会ですから健康診断を受けておくと安心です。

自動車免許はやっぱり大学生時代に取得するのがいいと思う

実際のところ、自分は現状自動車免許は持ってはいないのですが、ここ最近自動車免許があればいいなーという場面にでくわすことがけっこう増えてきました。

学生時代は、学校の授業とアルバイトと実習などなんやかんやでまとまった時間をとることができなくて、自動車教習所に通うこともなく学生時代を終えてしまいました。今考えれば、たいして忙しかったわけでもないですし、社会人にくらべれば緩い生活をおくっていたその時期に免許をとってよかったかも、という気持ちも若干あったりはします。

そうはいっても、タイムスリップはできないわけなので、現状これからでも免許をとるべきか、もういっそのことあきらめてずっと免許はもたずに電車やタクシーなどを利用しながら、生活していくてもあるのかなと思ったりもします。

ただ、日中はなんとかなても、夜中や早朝に急にくるまが必要になったときには、自家用車があればいいのにという思いもありますし。両親や親戚、小さな子供も一緒に遠出をしたい時や旅行をする時も、やはり一目をきにせずにゆったりすごしたり、コンビニや観光地などすきなところにとまることができる自分の車をもっているというのは心強いものだと思います。

そもそも、自動車免許をとることじたいはいいのですが、三ヶ月近くも教習所に通わなければならない、という部分が大人にとってはなかなかのハードルとなっているのは間違いないです。

また、車の運転は自分だけでなく、万が一事故を起こしたりした場合、通行人に迷惑をかけてしまう可能性も考えると、運動音痴の自分にとっては不安も大きいです。

おとなしく誰かの車にのせていただくのが、無難なのかなー。

もし万が一自分が車を運転することになったら、乗ってみたい車はいろいろとあります。昔は日産CUBEやマーチのような、コンパクトでかわいらしい感じの車が好きだったのですが、年齢を重ねるとともに車の趣味も少しずつかわりつつあるのを感じています。実際に乗っていると車の買い替え時期はいつが一番いい?のか、タイミングも悩みどころだと友人が言っていました。

どちらかというと、見た目のかわいらしさよりも、性能面を重視というか、大人数でのることができたり、座席の後ろの収納力のある車がいいなあと実用性にひかれてしまいます。

あとは、車のパッと見がワイルドな感じのものが素敵に見えるようになってきてしまいました。しかし、そのことを家族に話すと趣味が正反対で、絶対にそんな車は買わないし乗らないと言われてしまいました。。。

何をするにしても家族との意見を通わせることは大切ですよね。